話下手な人の婚活

男性

会話のコツを使う時の注意

積極的に合コンに参加する人は、さしすせそのコツを知っている人も多いと思います。さしすせそとは合コン相手との会話を盛り上げるためによく使われている会話のコツです。非常に有用なことから現在では合コンのみならず、人と会話する多くの場面で使われています。しかしそのために知名度が上がってしまい、相手もさしすせそのコツを知っている場合があります。さしすせそを使う場合には、そのことを意識して使用するようにしましょう。さしすせその内「さ」と「す」は「さすがですね」と「すごいですね」を意味しています。これは他人に認めてもらいたいという欲求を刺激することで、自分に好意を持たせるものです。これは承認欲求という人の本能に働きかけるものなので、たとえ相手がこのコツを知っていてもすぐに悪印象を持たれることはありません。気をつけるべきはこれを多用することです。繰り返し使うことで相手は自分が小馬鹿にされていると思ってしまいます。これらを使う時には多く使い過ぎないように気をつけましょう。次の「知らなかった」と「そうなんですか」は「し」と「そ」が意味している言葉です。これは顕示欲を刺激して相手を良い気にさせるものです。これも少々使うくらいなら相手が知っていても問題ありませんが、常識レベルの話題でこれを使うことは避けるようにします。相手に見くびられてしまい、合コンの結婚相手探しという目的の達成が難しくなってしまうからです。最後の「センスいいですね」は合コンの基本になる、相手を褒めるための言葉です。他のさしすせそと違うのは、こちらから話しかけるのにも使えることです。気になった人に積極的に使っていける言葉ですが、声をかけられた方がファッションに自信が無かった場合には、色々と突っ込まれることになるかもしれません。考えなしに使うのは控えて、実際にセンスの良い箇所を見つけてから声をかけるようにしましょう。