嫉妬心を芽生えさせない

カップル

周囲への配慮を

社内恋愛は決して珍しいことではありませんが、全ての社内恋愛が結婚に結びつくかと言うと決してそうではありません。その理由はいくつか挙げられますが、その一つが同性からの嫉妬です。特に女性の場合は、嫉妬心が強いと言われているため社内恋愛が発覚すると女性の方は職場に居づらくなってしまうケースがあります。それがきっかけとなって結婚までに至らないこともあるわけです。そのため、基本的には社内恋愛をする場合は秘密で付き合った方が良いと言われています。秘密にしておけば、嫉妬に駆り立てられることはありません。また、不思議なことに結婚と同時に公表するとそれもまた嫉妬しにくい心理状態が働くのです。ただし、いくら隠していたとしても、発覚するときは発覚してしまうものです。そのときは潔く公表することが大切で、仕事場では恋人と他の社員を分け隔てなく接するように努めるようにしなくてはなりません。下手に恋人を優遇してしまうと、そこから不公平感が芽生えてしまうからです。また、人間が集団でいると必然的に上司とは別のリーダー的な存在が表れます。昔のOLを仕切るお局様みたいな存在です。そのようなリーダー的な存在を事前に味方につけておくのも、社内恋愛から結婚に至るまでスムーズに進める良い方法だと言えます。恋愛というと2人の世界に浸ってしまいがちですが、こと社内恋愛に関しては周囲への配慮も忘れないように心がけることが大切なのです。